AIBlog/FC2

悠理愛の更新info+Diaryウェブログ http://www.yuriai.com

2008秋のアニメ新番組チェック 

秋開始の新番組チェック記事です。前クールは私の中では恋姫無双、ストライクウイッチーズが良かったです。夏目、ワールドデストラクションも良かったんですが途中から積んじゃいました(^^;)チーズスイートホームは可愛かったです。

今回は秋クールということで少し多めですね。毎回書いてることですが、私は過去に面白いと思ったアニメの監督作品を追っかけています。同じ監督の作品は何本か見ていると特徴が見えてくる場合がありますので、それが自分が面白いと思えばその監督さんは追っかけます。もちろん監督さんだけではなくて脚本とか、原作の面白さとか、作画もありますし、色んな要素がありますが。逆にこれは自分がついていけないものを作る人だなあと感じると、その人の作品は見なくなっちゃいます。まあ、マンガとか小説とかでもそうだと思うんですよね。読んでみてこれ良かったと思えばその作家の次の作品をを追っかけるし、読んでみてつまんなかったらその人の次は買わないというだけ(^^;)

まあアニメファンとしては新しい作品は少なくとも1話は見たいんですが、最近は作品数が多すぎるので、まずどこかで選択しないとつらいです。今回は45本の新番組が始まるのを確認しましたが、スタッフを見て少なくとも1話を見て判断しようと思う番組を26本まで減らしました。それでもちょっと多すぎなのでもう少し削って以下の20本にしました。そして1話を見てみて違うなと思ったらさらに減らします(^^;)ほんとは全部見た上で、面白ければ嬉しいし、つまらないならつまらないと言いたいところですが、この本数は正直私の気力のキャパシティオーバー(^^;)


■伯爵と妖精
アートランド制作でそ~とめこういちろうさん監督。僕らがいた、ウミショーは私は両方演出的にはやや空回りを感じたのでどうかなあ(^^;)作画はよかったですが。アートランド自体は蟲師など画面的には崩れない印象はあります。作画の藤井まきさんはワるきゅーレなどでいい絵を書かれてます。コバルトの原作でイケメンだらけ物?あとはヒロイン水樹奈々さんがよければ(^^;)


■とらドラ!
釘宮さんのツンデレ物?(^^;)そこは期待したいですが、監督の長井龍雪さんは私はアイドルマスターのアニメが全然面白くありませんでした(^^;)何がしたいのか意図が正直わからなかった。不安(^^;)ハチクロの2期も正直カサヰ監督の1期に比べるとがっかりしました。ただシリーズ構成の岡田磨里さんはシムーンや砂沙美、truetearsなどでも私は面白かったので好きなライターさんです。そこに期待したいです。


■キャシャーン Sins
山内重保監督、馬越キャラデ、音楽和田薫さんでムシキングのスタッフ。私はムシキングは好きでしたし山内さんは厚みのあるいい演出をするイメージがあるので期待したいです。馬越さんも今の日本のアニメ界でも頂上アニメーターの部類ではないかと(^^;)作画で参加されるとすれば期待大です。和田さんもアイアンリーガーなど昔からやたらにかっこいい音楽を作る人。主役クラス?の宮原さんはムシキングでは主人公のポポ役でした。山内班?(^^;)いい味を出していたチョーさんもいます。あとは小林靖子脚本。人気作もたくさん書かれていて実力のある人だと思いますが、わりとエグイ描写を好んでするタイプというか、なんのための凄惨描写かというところに個人的には少し引っかかりを感じる人なので、そこがどうかなあと思います。キャシャーンという題材からして、まあ多少悲惨というか暗めになるのはわかりますが、どうなりますかね(^^;)


■ヒャッコ
監督の福田さんは東映のアニメーターだったのかな?正直どういう演出をするかわかりません(^^;)脚本の富沢義彦さんはスターシップ・オペレーターズのシリーズ構成。私は最終回は面白かったです。見てみないとわかりませんがとりあえず女性キャラはいっぱいいます。折笠富美子さん、根谷美智子さん、落合祐里香さん、平野綾さん、桑島さん、甲斐田裕子さんなど。


■黒執事
監督は篠原俊哉さん。東京ムービー系?(^^;)私はガンパレードオーケストラはわりとよかったです。途中までしか見てないんですけど(^^;)でもわりと無駄な装飾も少なくてそつない演出だったような記憶が。脚本はとらドラと同じで岡田磨里さん。期待したいです。作画の芝さんは真下さんのアニメをよく描かれてるような。音楽の岩崎琢さんはRODでかっこいい音楽を作られてました。美術の小倉さんは劇版パトレイバーなどでも実力を発揮した人。ストライクウイッチーズもいい美術がありました。美術がいいと画面が締まっていい画面に見えますね。声優さんでは田村ゆかりさんわりと久しぶりに聞くような(^^;)


■あかね色に染まる坂
元永監督はあまえないでよっ!が好きでしたがプリンセス・プリンセス、スクールデイズなどかなりインパクトのあるものを作られてます(^^;)内容のネタ性はともかく、演出はしっかり意図を伝えようとするもので私は好きです。脚本の上江洲さんも何度かコンビで作られています。作画の原将治さんもワンダバスタイル・ムスメット・砂沙美など独特のむちっとした感じと可愛らしさがある絵で私は好きです。期待したいです。これも釘宮さんですね。平野綾さん、井上満里奈さん、加藤英美里さん、広橋涼さん、田中理恵さん、葉月絵理乃さん、福原香織さん、田中敦子さんがいます。
※この記事は上江洲誠さんに関して間違いがありましたので公開後一部修正しました。間違いをご指摘してくださった方、ありがとうございました。

■北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王
監督の阿部雅司さんはしばらく前のアニメですがブルージェンダーは前半は結構好きでした。まじかるカナンは微妙(^^;)というかいまいちだったかなあ。脚本の大野木さんも私はあまり面白いと思ったことがないのですが、どうですかねえ。中原麻衣さんが出るので期待したいと思います(^^;)


■夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~
松尾監督、花田脚本でローゼンメイデンのコンビ。松尾さんは紅もとてもよかったので期待したいです。丁寧というかチャレンジングなアニメになるんでしょうか。福圓美里さん、藤田咲さん、沢城みゆきさん、戸松遥さんがいます。あと紅で弥生役の大久保藍子さんがいます。松尾班?(^^;)


■テイルズ オブ ジ アビス
監督がこだま兼嗣さん。シティーハンターなど監督されていてかなりのベテランです。丁寧でツボを押さえた演出をする印象が。シリーズ構成が面出さんでデザインが石垣さんとかVガンダムみたいなサンライズな布陣という感じ(^^;)ゆかなさんやモモーイがいますね。ゲーム関連?伊藤美紀さんや雪野五月さんもいますね。


■天体戦士サンレッド
監督の岸さんはマジカノやエンジェるーんなどでわりと空回りしてたイメージがあるのですが、上江洲さんとのコンビだと瀬戸の花嫁は良かったみたいです。見てないんでわからないんですが(^^;)髭男爵が2人とも声優にいますが(^^;)シニカルなギャグ物なのかな?1話は見てみようかなと思います。


■かんなぎ
個人的に期待作(^^;)監督がハルヒで演出したあと京アニやめた山本寛さん、脚本にROD、かみちゅ、バンブーブレードなどの倉田英之さん。きっと面白いはず(^^;)山本さんはハルヒでは私の好きな2本を演出されてるので、抜けてしまったハルヒ2がむしろ心配(^^;)戸松遥さん沢城さんがいますね。ガンソードの星野貴紀さんがいますが倉田さんつながり?(^^;)


■とある魔術の禁書目録
錦織博監督。奇をてらう演出のイメージが強いかなあ。作品によると思いますが。脚本の赤星さんもあまりちゃんと見たことがないです。見てみないとわかりません(^^;)1話は見てみようかなあと思います。声優さんは井口裕香さん佐藤利奈さん伊藤静さんこやまきみこさん新井里美さんがいます。


■ケメコデラックス!
水島努さんなので期待作(^^;)ハレグゥは良かったですし、劇場版のクレヨンしんちゃんも。げんしけん1期の水島努演出回とか。池端さん演出で来ないかなあ(^^;)シリーズ構成の成田さんはプリキュアなどされてます。やや何したいかわからない脚本のイメージはあるかなあ。斉藤千和さんが主人公ですね。


■まかでみ・WAっしょい!
スクラン2の金崎監督、脚本はプリンセスアワーなどの長谷川勝巳さん。とりあえず可愛いものができればいいなあ(^^;)作画に花右京メイド隊の大隈さん。いい作画回が来るかも?


■今日の5の2
監督に長澤剛さん。あまりわからないのですがロックマンなどで演出されてたみたいです。脚本の鴻野貴光さんはラムネは好きでした。どうでしょう(^^;)公式の絵柄をみると作画アニメっぽい感じがしますが、まあ見てみないとわかりません(^^;)声優にMAKOさんて方がいますがかみちゅのゆりえ様ですかね?1話は見てみたいと思います。


■スキップ・ビート!
ヴァンパイア騎士が初監督?だった佐山聖子さん監督。2話までしか見なかったのですがなんか同人アニメみたいな感じでした(^^;)色々効果がちりばめられたアニメというか、つまんないとも思わなかったんですがなんか演出が多少痛々しい感じがしました(^^;)今回はどうでしょうか。見てみたいです。脚本の関島さんはずいぶん前から書かれてたベテランの方で面白いシナリオ書くイメージが強いです。井上麻里奈さん。


■ワンナウツ
佐藤雄三監督、高屋敷英夫脚本、梅原隆宏作画ということでまんまアカギとかカイジのスタッフ。しかも主人公萩原聖人さんて(^^;)佐藤さんは非常に堅実かつ見せるところは見せる作りなので期待したいです。佐藤さんはモンスターの小島さんなどと一緒にでじこやぴたテンなどにも参加されてまして演出家としての技術が確かなら作品がどの方向でもいけるという証明(^^;)


■タイタニア
監督に石黒昇さん、キャラ原案に美樹本さん、メカデザインに宮武さんて初代マクロス(^^;)伊藤浩二さんはマクロス再放送版のSDオープニング作画などされてましたねえ。石黒さんは超ベテランですが演出は確かだと思います。伊藤浩二さんは私の中では山下作画系のアニメーターですが最近では銀盤カレイドスコープとかときメモonlyloveなどに参加されていた気が。女性キャラが名塚さんくらいしかいませんが(^^;)


■のだめカンタービレ 巴里編
のだめはカサヰさんの1作目も結構良かったですし、今回は監督が今千秋さんに交代しましたが、今さんはひぐらしや純情ロマンチカなどでも演出意図がしっかりしていたイメージがあるので期待したいです。のだめも可愛いですし(^^;)


■ミチコとハッチン
正直全くわからないのですが作画アニメ?(^^;)監督の山本沙代さんは渡辺信一郎さん系みたいです。渡辺さんは個人的にはあまり面白いと思ったことはないのですが作画がすごいかも。オシャレな映像には凝ってます系?(^^;)まあなんかお姉さんがエロそうな感じなので1話は見てみたいと思います。


以上です。ここに書いてない中ではラインバレル、黒塚、屍姫あたりは気力があれば1話は見たいと思います。ていうか多いなあ(^^;)ここにあるの全部見れないかも(^^;)あとまだしっかりチェックしてないのですが放送時間帯も、かぶりまくっていると見れなかったり、見ようかどうか微妙な作品もぽっかりその日は何も見るものがないというと見てみたりとか(^^;)


参考サイト:しょぼいカレンダー2008秋の新番組MOON PHASE
大変便利です。ありがとうございます(^^;)

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : アニメ新番組



平成20年大相撲秋場所 千秋楽 

白鵬が14日目に優勝を決めましたが安定してました。もう8回目ですか(^^;)今日の優勝インタビューも責任感を感じる素晴らしいものでした。

白鵬というと大関から横綱になる頃は充分強かったのですが最後の勝負の決め際に焦って前に落ちたりが多かったのが、だんだん自信がついてきて精神的にも安定してきた感じです。今年に入ってからは立ち合いからかなり激しい強引な攻めが目立って、横綱の強さを見せつけるような相撲も増えました。今場所になると、やや受け相撲に近くなってきた気がします。強引に攻め立てるというよりも、相手を受け止めてから技術でいい体勢を作って処理していくような感じ。個人的な好みでは自分自身の最強の型を持っている攻め相撲が好きなんですが、今の白鵬の場合はこういった相撲でも良いのかもしれないです。貴乃花も怪我する前までは強い受け相撲だったと思います。

安馬も来場所大関かかりますね。良い相撲を取ってるのでやってくれそうです。今場所12勝しましたし先場所は10勝、数字上は来場所11勝すればいけるかな?(^^;)期待したいです。

玉春日が引退です。残念ですね~。徹底した突き押しで、のど輪が強かったです。立ち合いで当たって、その次の押しが強い感じ。しかも腰がやわらかいというか、運動神経がいい感じで意外に華麗な土俵際が多かったような(^^;)お疲れさまでしたと言いたいです。年寄楯山を襲名だそうですがそれで前楯山の巨砲が退職だそうです。ちと早すぎる気が?(^^;)

あとは今場所問題の立ち合いの手つきですが、個人的には立ち合いはお互いの呼吸が合えばいいと思うのですが、まあしっかり手をつくべきというのであればそれもいいと思います。ただ、本場所でその練習をさせないでください(^^;)今場所の初日だったかの感想記事にも書いたんですが、立ち合いを第三者の意志で止められるというのは見てるほうは本当に白けるんですよ。結果としてお相撲さんの気持ちが切れた状態で立たされたような何これっていうつまらない相撲も増えました。手をつかせるのであれば、稽古場で徹底させてください。本場所でつかなかったら、部屋に帰った後とか場所後に徹底指導すればいいと思います。綺麗かどうかはともかく、お客さん白けさせてどうするの(^^;)ちなみに今日も中継の中で昭和53年秋場所、貴ノ花×北の湖、三重ノ海×二代目若乃花などの取り組みをビデオでやってましたが、一切手をついてません。でもこの頃の相撲も別に面白かったですけどねえ(^^;)

あとは朝青龍はほんとに復活して欲しいです(^^;)まだまだ年齢的には全然いけると思うので稽古で下半身のスピードを復活させてくれれば(^^;)最強横綱同士の千秋楽結び対決が見たいのでがんばって欲しいです(^^;)


関連記事


テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

タグ : 大相撲



落書きの差し替え 

昨日アップした落書きの顔があまりにも気に入らないので修正して差し替えました。ほんの少しですが(^^;)どうでもいいことですが今日の記事のネタに(^^;)

昨日も最初に描いた顔がかなり気に入らなくて何度も消しては描いてと修正してたんですが、一度へんな顔を描いてしまうといくら描き直してもろくな絵にならないってことがありますね。あまり明確な根拠をもって絵を描いてないからですかね(^^;)まあ今日も差し替えるほどよくなった訳でもないんですが昨日よりはマシかも(^^;)

もし昨日見たけど変わってないよという場合はリロードしてみてください。まあほんとにちょこっとしか変わってないのですが(^^;)


関連記事


テーマ : 自作イラスト - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 自作イラスト



魅剣アスカ 

今週の落書きはオリジナルキャラの女の子です。

sythe.jpg

相当昔(90年頃?)にマンガで描いたキャラを思い出しながら描きました。ボディコンなのでバブルの頃(^^;)


関連記事


テーマ : 自作イラスト - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 自作イラスト



いつもの毛づくろい猫 

いつもと同じのくーちゃんです(^^;)

20080925_0095.jpg
20080925_0096.jpg
20080925_0097.jpg
20080925_0101.jpg
20080925_0102.jpg
20080925_0104.jpg
20080925_0106.jpg
20080925_0107.jpg

ずいぶん涼しくなってきましたが、まだうちの部屋は暑いみたいでひんやりアルミすのこの上(^^;)


関連記事


テーマ : 我が家の猫 - ジャンル : ペット

タグ :



王さん辞任とかスポーツ色々 

朝青龍は休場で済んでよかったです。引退は早すぎる(^^;)安馬も白鵬に負けましたがでもかなり強くなってるなあという感じです。大関は近いですね(^^;)

西武は今日勝てばリーグ優勝でしたが終盤8回に5点取って逆転してあと3人で優勝の9回に5点取られて逆転負けとか凄い展開(^^;)相撲と時間がかぶって2画面で見てました(^^;)
まあマジックが残り1とか2の状況は数日間味わうのも悪くはないですけどねそんなにあることじゃないので。ヤクルトファンなんですけどもう7年くらい味わってないわけですが(^^;)90年代はよかったなあ(^^;)

ホークスの王監督が辞任だそうです。ガンの再発など体調のほうは大丈夫なんでしょうか。王さんの最後の年としては成績がちょっとさみしかったけど仕方ないですねえ。お疲れさまでしたと言いたいです。


関連記事


テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

タグ : 大相撲



DDD#6制作中 

ハニー本Death&Destruction#6のデジタル版の追加部分を制作中です。とりあえず描き下ろしのカラー表紙ができました。ブログに載せるのは少々きつい絵なのでトリミングしときました(^^;)まあ売り物なので元々あまり大きく載せられないですけども(^^;)

ddd6samp01.jpg

本編の書き足し分はこれからですが、今回は少しずつばらけて追加するのではなくて8枚くらいまとまった形で追加シーンを描きたいと思います。内容としてはハニーがジルやゾラではなくパンサークローの一般の女怪人に敗北してしまうというようなものを考えてます(^^;)枚数的には予定より増減があるかもしれません。なんとか今月中に仕上げたいと思います。ちと厳しいかも知れませんが(^^;)


関連記事


テーマ : 同人活動 - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 同人誌 キューティーハニー デジタルコミック



平成20年大相撲秋場所 中日 

朝青龍負けてしまいました(^^;)ビデオだとつま先で踏ん張ってて足についてた砂が落ちてただけにも見えるんだけど、まあ仕方ないですねえ。悪い体勢になって押し込まれたのは確かなんで。でも物言いくらいついても良かったんじゃないかなあ(^^;)朝青龍はまだ若いですからこれからまだまだ稽古すれば体も取り返せると思うし、引退発表とか早まったことはしないで欲しいです(^^;)まあ今日の負け方だと逆に悔しいと思うので、闘争心が蘇ってくれれば。明日安馬でなかなか厳しいですけども(^^;)

琴欧洲は今日は体を低くして前褌を引いて引きつけて出てました。それやってりゃ優勝した場所みたいに強いと思うので続けて欲しいです。上からかぶせに行こうとしたりしないで(^^;)外から上手取っても脇が隙だらけで中に入られるとコロコロ投げられるので(^^;)

白鵬もそうでしたが安馬も今日は両手突きの立ち合いでした。相手が立ち合いに策を弄してくる場合は両手突きは有効だなあという感じがしました。安馬の相手の琴光喜はなんだかわかりませんが今場所はオドオド相撲とってて立ち合いも変わり気味だったりするので、両手突きなら変化にも対応できて作戦通りみたいな(^^;)安美錦もやっぱり立ち合い変化ですし。

今場所も見てて思ったんですが、やっぱり6日目7日目あたりは力士もみんな体が動いてきてて、堅かった初日の頃に比べるとお互いよく動くいい相撲が多いですね。簡単に土俵割らずに粘ったりとか。今日の高見盛も面白かったです(^^;)これが後半になるとみんな疲れてきて立ち合い変化相撲とか増えてくるんですけど(^^;)

山本山も怪我に気をつけてがんばって欲しいです。明日は市原戦でたぶん2人合計で最重量対決?調べてないんでたぶんですが(^^;)

まあとにかく朝青龍が心配ですがまだがんばってください。まだ27歳です。千代の富士は確か横綱昇進が26のはず。それからものすごく強くなって大横綱になりました。これからまだたくさん白鵬と凄い相撲が見れるはずなので稽古をしっかりやって復活して欲しいです。


関連記事


テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

タグ : 大相撲



上でゴロゴロ猫 

最近気に入ってる上の方でゴロゴロしてるくーちゃんです(^^;)

20080920_0089.jpg
20080920_0090.jpg
20080920_0091.jpg
20080920_0092.jpg
20080920_0093.jpg
20080920_0094.jpg

ごろごろして指を狙ってます(^^;)


関連記事


テーマ : 我が家の猫 - ジャンル : ペット



ストライクウイッチーズ 

今週の落書きはストライクウイッチーズのエイラです。

sweila.jpg

エイラは6話で目立ってましたが仲井絵里香さんが良かったです(^^;)ウイッチーズならやっぱりパンツを描きたかったんですけどなんかエイラだとあまり(^^;)

番組自体自分が好きなことをやるぞという感じの作りでわりと好きでした。ぱんつやメカもそうですし海面が近い時のアクションの作画がなんか同人アニメっぽい、動きの魅力を表現したいというかああいうアニメの描き方は好きです(^^;)お話もエースというかトップを彷彿とさせる作りでキャラも結構魅力的だったと思います。スカートはけよと思いますがこういうのをやりたいなら仕方ない(^^;)というかそこがいい(^^;)

後半数本やや急ぎすぎというか詰めこみすぎ?軍の陰謀云々は要らなかったかなあ。アイデアは悪くないと思うんですが12話しかなくて時間がないからちょっと。敵との意思疎通とかも1話からの宮藤の考え方にも絡んでいて面白かったと思うのでそっちに集中すれば良かったような。

まあ独特なオタク文化の発達した今の日本でないとこんなのどこの誰も作らないなっていう感じの強いアニメで、しかも意外とネタの羅列というよりは作り手の好みの主張の色が強い感じがして、私はこんなのが好きで理屈がおかしいとかなんとかそんなことはいいんです別にというのは好きでしたね(^^;)


関連記事


テーマ : ストライクウィッチーズ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : ストライクウイッチーズ 自作イラスト エイラ



平成20年大相撲秋場所 四日日 

朝青龍が心配ですねえ。中継内でも言ってましたが、ヒジの怪我もですけどもし闘争心が薄れてるのだとしたらそれはちょっとまずいです(^^;)今日も思いっきり正面に引いててやばいと思いましたが稀勢の里がかなりよくないので助かったという感じです。

かつて千代の富士も横綱に君臨してしばらくしてから少し負けが込む時期があって、その頃に凄い勢いで昇進してきた小錦に初顔で簡単に押し出されてしまったということがありました。千代の富士はそれをきっかけにこれではいかんとまた稽古の量を増やして小錦のいる高砂部屋にも自分からどんどん出稽古にいったりしたらしいです。それでまた連勝記録などを作っていくさらなる大横綱になっていきました。

朝青龍の場合、白鵬というとてもいいライバルがいるのですが、ちょっとこれまでの一人横綱が長かった疲れだとか色々余計なトラブルがあって、まあ慢心もあるんでしょうか。強い2横綱が揃っている時期というのは本当に面白いんですが意外になかなかないんですよねえ。

山本山がちょうど上がってきてるので怪我をしないで欲しいですね(^^;)見てると体がまだちゃんと動いてた頃の小錦みたいでいいですね。

今場所は白鵬がまたいいですね。攻めが激しい時は激しいし、かといって体勢がそれほどよくない時にうかつさもないですし攻めが遅くもない。攻めれば土俵際も腰を落として万全と(^^;)朝青龍がイマイチなだけにかなり優勝は堅いですね。琴欧洲はまた酷いですねえ。なんで優勝した時の相撲やらないかなあ。頭低くして前傾で立って前褌引いて引きつけて寄るっていう。あれやってりゃ強いと思うんですがねえ。なんかまた棒立ちで上から後ろ回し取りにいって叩いたり引いたり無謀に出て投げられたり(^^;)腰か足が痛いのかなあ?

千代大海もなんとかついていって欲しかったんですが(^^;)まあ立ち合い変化でああなるのは仕方ない相撲ではあるんだけど、それで大関まで来たのだからなんとかそのあたりも対策を極めててもおかしくないような気も(^^;)でも怪我や年齢でそれも難しいのかなあ。立ち合い厳しく当たりながら足も前に出すっていう。まあできればやってるだろうから難しいんだろうなあ(^^;)

しかし魁皇も含めて大関はやっぱり情けないなあ(^^;)関脇小結ならいいんですけどねえ。千代大海か魁皇の優勝をもう一度見たいんだけど、実際できるかどうかは別にして、優勝を狙うために絶対負けられないっていう気迫を感じたいですね。あっさり土俵を割らないで欲しいです。


関連記事


テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

タグ : 大相撲



CXCまんだらけさん 

まんだらけさんでも私の夏コミのキャミィ春麗本CXCが販売開始されています。

■まんだらけさんの私の同人誌紹介ページ
ccbtop560.jpg


よろしくお願いします~。

そろそろハニー本のDD#6のデジタル化に取りかかろうかと思います。予定では8ページくらいまとまった形で書き下ろしの追加をしようかと思っています。


関連記事


テーマ : 格闘ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 同人誌 ストリートファイター キャミィ 春麗



寝猫 

棚の上で寝てるくーちゃんです(^^;)

20080915_0077.jpg
20080915_0080.jpg
20080915_0081.jpg

口をつきだした寝かた(^^;)


関連記事


テーマ : 我が家の猫 - ジャンル : ペット

タグ :



平成20年大相撲秋場所 初日 

不祥事の直後に本場所が始まりました。中止にするという話も一部出ていましたが開催することになりました。ファンとしては複雑な部分もありますがとりあえず色々な様子を見たいですし、もちろん相撲も見たいのでとりあえずは良かったと思います。

土俵上で武蔵川新理事長の協会挨拶がありましたが、これいつもは毎場所まったく同じ定型文を読んでるだけなんですよね。若手の死亡事件のあとなども注目されましたがまったくの定型文でした。今回はさすがに途中で不祥事に触れていました。直後ですので態度を見せるという意味では必要だったと思います。まあそもそも毎回同じ定型文なのがおかしいんですけど(^^;)

相撲内容としては、思ったより国技館のお客さんの様子も普通で、事件後なりの妙な緊張感のある空気という感じもそれほどなかったように思いました。

ただ、今場所から立ち合い時の手つきに関して厳しくすることにしたらしく、何度も立ち合いで止められていました。これは事件の反省も含めて綺麗な相撲を取り戻す態度を見せようということでしょうか?

私としては個人的な意見ですけどほんとにやめて欲しいです。立ち合いというのはいい相撲になるのには本当に大事で、何度も仕切ってる間にお互いにテンションが上がってきて、それで一気に立ち合いで爆発するわけです。もちろん精神的な集中にも関わってくるし、見てる方もそれが伝わってきてわくわく感が高まって立ち合いの激しいぶつかりから力強い相撲の流れで楽しめると思うんです。定番な言い方すると、静から動という(^^;)

それが手つきがちゃんとしてないからという理由で行司や審判に急に止められたりすると、力士もテンションや緊張感がしぼんじゃいますし見てるこっちも白けます。相撲の流れの美しさと興奮も一気にあ~あですよ(^^;)実際今日も何番も止まって、おかしな雰囲気で力の入りきらないような相撲を見せられました。

立ち合いできっちり手をつくのが美しいからどうしてもそれを徹底したいというのなら、それは稽古場で徹底指導するべきで、手をつかなかったら場所後にまた再指導するとか罰金取るとかにすればいいと思います。でも本場所であんなみっともないというか、つまらなくして興奮できなくなるようなことをお客さんにも強要してどうするのという。それこそ相撲の崩壊かと(^^;)

基本的には手をついて立ち合いするべきというのはわかるんですが、ただ相撲のタイプによっては、じっくり手をおいて立ちたい人と、ばしっと一瞬叩く感じでつきたい人がいるしなあ。また立つ呼吸というのは大事で、手をつくつかない以前に呼吸が合って立ち会えるかどうかの方が重要だと思うんですよね。魁皇とかよくやるんですが立ち合いでじらして相手のタイミングをずらす駆け引きするとかはちょっと違うと私は思うんですが、まあ少なくともそこで気を合わせるというのは重要で、いい立ち合いはほんとに空気がバッチリ合う感じで綺麗なんですよね。呼吸が合わなくて待ったをするのはまあ致し方ないというか。手をつくつかないっていうのは、まあまったくつかないのはどうかって程度で私はいいと思うんですけどねえ。

手をつくのが伝統だからっていう話も聞いてますが、少なくとも古いビデオを見る限り、昭和30年代の栃若時代ですらそこまできっちりついてなかったと思います。私は自分では輪島北の湖あたりから見てるんですがほとんどついてませんでした。だから相撲がつまらなかったなんてことは全くなかったです。記憶では、千代の富士の晩年くらいからですかねえ?急に手つきとか言い出した気が。千代の富士が横綱に駆け上がる頃とか全然ついてないはずです(^^;)小錦なんかまともについてたら立ち会えなかったんじゃないですかね(^^;)当時から手つき不十分とかで止められる相撲は白けたしなんでだよって感じでしたけどね。もちろん指導していくことは大事だと思います。でも本場所で止めないでくれ(^^;)

まあ手つきの話長くなっちゃいましたが(^^;)初日ですが、豊真将は手首を手術して休場してたんですね。治ったらまた活躍して欲しいです。

252kgだったか日本人歴代最重量の山本山は見た感じかなり小錦ぽかったです(^^;)しかもがぶって寄っていい相撲でした。身長は小錦以上なのかな?ヒザや腰のケガには気をつけてがんばって欲しいです。

豊ノ島は新関脇の初日としては凄くよく体が動いてたので期待できそうです。堅くならない力士がやっぱり昇進がかかった時に強みが(^^;)

琴欧洲は立ち合いが少し悪くて直後に軽く引きにいったりしてたんですが途中から右前褌をひきつける自分の形になって勝ってました。優勝した場所みたいに最初からあの体勢を狙っていくべきだと思います(^^;)

負けた稀勢の里はまた今場所もイマイチですかねえ。私としてはほんとに大関や横綱も期待してるんですけど、このまま前頭と小結あたりをエレベーターする金星ハンターになっちゃうんですかねえ(^^;)

千代大海・魁皇はほんとに優勝をめざす覚悟でやって欲しいです。8~9勝で地位だけ守ってるんじゃ大関じゃないですよほんと(^^;)もちろんベテランで満身創痍で大変だと思うんですけど、でも横綱とか大関ってそういうものですから私の中で(^^;)琴光喜は相変わらず引いたりしてオドオド相撲というか、なんで技術もあって強いのにあんな風に取るのかなあ。精神的改革が一番重要ではないかと(^^;)

朝青龍はヒジが心配みたいですが、太ってきたっていうのはそれまた心配ですねえ(^^;)やはり朝青龍からスピードがなくなっちゃうと実際かなりきついですよ。今日は把瑠都相手に左で下手捻り右では無双というテクニックの切れを見せて勝ちましたが、強い朝青龍がどこまで戻るか、実際心配です(^^;)

白鵬は初日からいい相撲でした。力強くて今場所も期待です。いい相撲を見せたいっていう気持ちすら感じました。若いですし横綱の自覚が育っていって欲しいです。見た感じもう白鵬で堅いって感じがしちゃいましたけどね(^^;)

まあ、今場所も相撲内容としては面白いポイントは多そうです。不祥事頻発中なので、場所中に何かとんでもないことが起こったりしなければいいなあと(^^;)真面目に相撲に取り組んでる力士や親方や行司さんや裏方さんはたくさんいるわけですから、彼らが誇りを持って仕事をできるように(^^;)


関連記事


テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

タグ : 大相撲



掲示板を設置 

最近はほぼブログの更新のみであまりBBS使用してませんが(^^;)ただスパムが書き込まれるのは気分がよくありませんので時々のぞいてスパム投稿があれば削除をしてました。関係ない記事に次々とレスの形でスパム投稿され、削除をするとその古い記事がリスト上位に来ちゃったままで不思議な感じに(^^;)

まあ昔ながらの掲示板もそろそろいいのかなあと思わなくもなかったのですが、とりあえずやはりこういうわりと古典的な感じもネットにまだあってもいいのかなという感じもするので(^^;)一応対策しやすそうな掲示板を設置しました。以前のBBSは閲覧専用モードに設定してありますのでたぶん書き込めません(^^;)

■AiBBS/FC2

これまでのはかなり以前から使っていたcgiで配布サイトも止まってましてスパム対策が困難なので、ブログでも使っているFC2の掲示板を使うことにしました。投稿時に画像認証がありますのでまあなんとかなるかと(^^;)なんともならなかったら承認制にするかまた別のボードを探すか(^^;)

このブログの左下のサイドバーでも表示しています。ブログの記事コメント以外のことなど、何かありましたらお気軽にどうぞ~(^^;)


関連記事


テーマ : お知らせ - ジャンル : ブログ



ボディースーツガール 

今週の落書きはボディースーツのお姉さん(^^;)
bodysuitsgirl.jpg

目の前に置いてあるキャミィのフィギュア見ながらあまり考えずに適当に描いてるといつもと同じような感じになるなあ(^^;)


関連記事


テーマ : 自作イラスト - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 自作イラスト



足のばし寝転がり猫 

寝転がってるくーちゃんです(^^;)
20080908_0072.jpg
20080908_0073.jpg
20080908_0071.jpg
20080908_0068.jpg

足をぴんと伸ばしてるとこがいいんですが(^^;)


関連記事


テーマ : 我が家の猫 - ジャンル : ペット

タグ :



春麗にまかせチャイナ 

パチスロの春麗にまかせチャイナに出てくるキャミィが普通にデルタレッドで良さそうだったので貼っときます(^^;)まあ自分ではパチンコとかパチスロやらないんですけど(^^;)

http://www.pachinkovista.com/pfactory/model.php?nid=17264&dsp=1&gc=1&km=0

忘我の戦闘人形、デルタレッドだと確かに昔のこと忘れてますけど自我はあるので人形ではないと思うんだが、まあ細かい話です(^^;)


関連記事


テーマ : 格闘ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 春麗 キャミィ



北の湖辞任、露鵬・白露山解雇 

今日の記事は朝の猫写真更新でと思ってたのですが、相撲ファンとしてはやはり大きなニュースなので書いておこうと思います。

まず露鵬と白露山ですが、報道によると信頼のできる検査機関の検査で陽性とされ、露鵬が主張したようなモンゴルで治療を受けた薬による成分とは別の成分であり、副流煙による吸引では出ない高い数字が出ている、警視庁もその結果から立件に動いているということで、まあ露鵬側の弁護士の主張なども出ていますが、テレビやネットのニュースサイトの記事などを見ただけですが私の心証としては残念ながら限りなく黒に近いなあという感じです。

であれば、違法行為であり、責任を問われる軽率な行動だったと思うので、若ノ鵬同様解雇も仕方がないと思います。

正直言いますと若ノ鵬も含めて出場停止1年くらいではだめなのかなあとは思うんですけども、まあそれは甘いかもわかりません。最近は相撲界では不祥事が重なっている蓄積もあります。ただあくまで個人的な考えですが、時津風部屋の死亡事件の方がはるかに大きい問題で、今回の場合は先ほど書いたように社会的な影響は大きいとはいえ、誰か具体的な被害者がいる訳ではありませんし、その間違いを本人に反省してもらうのが重要だと思います。彼らも人生を賭けてしている仕事ですからそれを全て奪うのは私は少し哀れに思います。お相撲さんは若いですし、国技に関わっているからといって別に誰もが潔癖ではありません。間違いは起こすこともあると思います。もちろんミスや違法行為はその大きさによって相当の罰を受けなければなりませんが、若ノ鵬も起訴猶予ということで、まあ少し差があるかなあ。ただ今回は現在相撲界が置かれた色々な事情から考えて、解雇は仕方ないというか、当然なのかもしれないです。

特に露鵬は一度千代大海との問題で出場停止になっていることも考えれば、まあ本当に考えが甘かったというか、反省をしていないしこれからもしないと思われても仕方がないかも。

北の湖理事長の辞任に関しては、弟子の白露山の問題で当事者であるのと、これまでの問題の数々で仕方ない気がします。特に報道だけ見ていると、とにかく対応がいつも遅いように見えます。動きが遅いと問題を大きく考えているのかどうなのか疑問に思えてしまうので、もう少し早く動くべきだったと思います。

北の湖というと私が子供の頃に最強だった横綱で、色々なエピソードを聞いていてもとても人格者だと思っていたので、私はまだ北の湖が自分や協会の保身だけ考えて動いていたとは思っていません。ただ、閉鎖的な組織に入ってしまうと人間というのは思考パターンが変わってしまうのかもわからないなあと思ってしまうところがまた残念ですね。

もう中継を見て彼らのことを感想記事にすることもなさそうなので少し(^^;)露鵬も力がついてくれば大関も充分いけそうだったので残念です。最近はケガで引き相撲が多かったですが。弟の白露山も引きが多くてそこはまあ寒かったのですが、意外に残り腰があるので土俵際粘ることも多かったです。最近相撲全体で少ないんですよね土俵際で粘る相撲が。寒い引きももう見れないと思うとそれも残念です。若ノ鵬も八艘跳びなどメチャクチャなことをしつつ一気に幕内まで上がってきた期待の若手でしたが、ちょうどこのところ前頭筆頭くらいまで来て横綱大関などの上位に完全に跳ね返されていたところだったので、これからどういう相撲の形を作っていくのかは楽しみに思っていました。まあ本当に自業自得というか、しょうがないのですが、残念です(^^;)

ついでに北の湖の話も少し(^^;)北の湖が史上最年少で横綱になった頃、輪島が人気横綱でした。北の湖は最強でしたが完全に敵役であり、勝っても負けて土俵外に転がった相手に手も差し延べずふんぞり返って引き返すなどと嫌われていました。北の湖はそれに対し、自分は負けたらとても悔しいし、負かされた相手に手を引かれるなんてことは屈辱であり我慢できない。だから自分も相手に手を差しのべたりしない。と言っていました。これはやはり横綱たる勝負師の気持ちと優しさだと思います。晩年ケガが多くなり休場が増えると、北の湖は応援されるようになり、それがまたとても悔しく空しくなったのだとか。声援はもちろん嬉しいんだけれども、自分は弱くなったんだということを実感したのかもしれないです。しかし彼はかなり休場を重ねたあと、15戦全勝優勝をし、それが最後の優勝でした。

まあ、とにかく今回の一連の事件と処分はファンとしてはとても残念ですし、当事者を切り捨てればそれで終わりではないわけで、武蔵川親方が理事長になるのであれば、しっかりやって欲しいと思います。三重ノ海は横綱でしたがあまり人となりの話は私はわからないのですが(^^;)ただ弟子の武蔵丸の話を聞いているとしっかりした親方だったのかも(^^;)とにかく協会はもう少し色々なことをオープンにするべきかなあと思います。今までの慣習とか伝統とかにこだわらず色々根っこからひっくり返す必要があるかも。利権絡みは色々と難しいでしょうねえ。

あと解雇された力士は総合かハッスルあたりにとか?(^^;)モナ様に率いられたりして。まあ経過次第というか、本人たち次第なんですかねえ。


関連記事


テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

タグ : 大相撲



おすわり猫 

テーブルの上でおすわり(^^;)

20080908_0061.jpg
20080908_0062.jpg
20080908_0064.jpg
20080908_0065.jpg
20080908_0066.jpg

実はひもを監視しているところ(^^;)

関連記事


テーマ : 我が家の猫 - ジャンル : ペット

タグ :



CXCとらのあなさん委託 

とらのあなさんで夏コミのキャミィ・春麗本CXCが委託販売開始されています。よろしくお願いします~。
■とらのあなさんのCXC紹介ページ
ccbtop560.jpg

成人向ですのでご注意ください。

まんだらけさんにも昨日在庫を送りましたので、近日中に販売開始されると思います。こちらもよろしくお願いします~。

キャリバー4のエディットをやってますがパーツが少ないのとスキルついてるのが気になってなかなかいい感じにはできないなあ(^^;)まあパーツ全部入手したらもうスキルは関係なくなると思うんですが全部入手が遠いです。実績を30個とれば全パーツ購入可能になるそうなのでそれをめざそうかと思いますがそれはそれで遠いです。私の場合これは格闘ゲームをやりたいというよりアイヴィーとかのエロイ様子を眺めるために買った感じなのでどうにも(^^;)


関連記事


テーマ : 同人誌 - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 同人誌 キャミィ 春麗



アイヴィー 

今週の落書きはキャリバー4をこの前開封したのでアイヴィー描きました。

sc4ivy2.jpg

最初は自分の蛇剣がバラバラに散らばっていて、胸かノドに剣を突きつけられてる絵のつもりで描き始めたんですが、結構線が多くて面倒臭くなったので剣描くのやめちゃいました(^^;)既にモールドとか帯っぽいラインとかかなり線へらしちゃってるんですけど。意外と微妙な曲線がいっぱいあって気を遣います(^^;)
ゲームしてたらアイヴィーがボコられるマンガ描きたいとか思ったんですが、これはなかなか描くのはつらい(^^;)


関連記事


テーマ : ソウルキャリバーIV - ジャンル : ゲーム

タグ : 自作イラスト



スーパーヒロイン物 

しばらく前に海外の成人向アメコミサイトでコミックを描いたのですが、今はその続きを描いています。依頼があったわけではなくて描きたければいつでも描いてくださいという感じです(^^;)

まあ1回5ページしかないので、3回目ですがまだ11~15P目です。ただ全ページカラーなのでちょっと手間がかかるのですが、原稿料かなり安いです(^^;)あまり時間をかけると私の方が生活できなくなりますのであまり時間をかけない塗り方をやってみようかと思っています。キャミィと春麗のプレ本などでもやった感じでマスクをしないで塗ります。

shai12samp.jpg

これはわりと小さめのコマで、ラフ絵に主線だけペン入れしたもので適当感漂ってますが(^^;)このあと別レイヤーを使って少し線をなぞって強弱をつけたりタッチを入れたりベタ影を入れたりしてマシにします(^^;)


関連記事


テーマ : 自作漫画 - ジャンル : アニメ・コミック



ソウルキャリバー4 

ようやくというか、ソウルキャリバー4を開封しました(^^;)元々発売日がコミケ直前だったのですぐは出来ないなとは思ってたんですが、しかも猫に噛まれたケガで左手が痛くてゲームの操作はとてもできなかったという(^^;)

とりあえず左手はずいぶん前から問題なくなっていたんですが、やっと起動してみました。アイビーはなんかイラストよりもゲーム中のモデルのほうが胸が小さいような(^^;)まあでかいですけど(^^;)

ストーリーモードをやってみましたが、設定上は本来死んじゃいそうなところを擬似的な魂?みたいなので体をなんとかもたせてるという、なかなかマンガを描くと悶えるところがいっぱい描けて嬉しそうな感じです(^^;)ただ簡単モードで1ラウンド制にしてクリアしたんですが、なんか普通に体が治って第2の人生に旅立っちゃったのですが、これってマルチエンディングなんでしょうか(^^;)

塔とかお金稼ぎとかは果てしなさそう(^^;)実績解除もつきあえるかどうかちょっと微妙な感じ。たぶん無理(^^;)エディットモードも色んなデザインして楽しむというよりはスキルつけるための装備?(^^;)

今週の金曜はアイビーを描きたいと思います(^^;)


関連記事


テーマ : ソウルキャリバーIV - ジャンル : ゲーム

タグ : ソウルキャリバー4



崖の上のポニョ観てきました 

宮崎さんの崖の上のポニョを見てきました。ネタバレですのでご注意ください(^^;)



率直な感想としては、私は良かったです。良かったんですが後半からラストがやや微妙(^^;)お話の展開も作画も中盤までのパワーのほうが凄かったように思いました。

まずそもそも私は宮崎さんは、理屈よりも感性でものを作ろうとしている人だと思っていて、むしろ理屈で進めるのを嫌がっているような感じを受けています。なのでとにかく感性に響く面白さ、楽しさ、可愛いとか、これ気になる、みたいな色んなことを盛り込んで映画を作っている人だと思います。

そういう意味で私の中では宮崎さんは作家というよりはアニメーターです。アニメーターというのは止まった絵を動かして生を作り出すことによって面白さや感動を作る人たちなので、宮崎さんの映画は整然とした話で語ってどうのこうのではないんじゃないかと思います。今回も本当にそう思いました。ポニョはさらにあえてファンタジックにデフォルメして表現してるんですけど。あとは高畑さんとか押井さんの影響も多少あるのかなと思わなくもないですけど(^^;)

最初に冒頭で思ったのは、海の中の描写、生物の量もそうですけど特に海の水の描写が異常に意欲的でした。描きすぎ動かしすぎ(^^;)これは最後までそうだったんですがとにかく物量によるインパクト、魚とか波とか虫とかキモい集団行動の描写がいっぱい(^^;)作画ほんとに凄いです。よくやるなあという(^^;)同時に、出だしはお話としては少し掴みは弱いかなあと思いました。まあ絵的な凄さで圧倒されてるんですけど、例えばポニョが何したいのか、何を望んでるのかがわからなくて、ただなんとなくクラゲに乗って海面まで上がってったくらいの感じでした。タイトル出た時もなんとなく始まっちゃったなあという印象。作画は充分凄いんでそれが掴みといえば掴みなんですけども(^^;)

ポニョが海底の世界で絵本やテレビとか、前にチラッと人間を見かけたことあるとか、父親の過去話の影響とか、なんでもいいんですが、ポニョが地上や人間に対して興味もってる設定があってこの子は地上に行きたいんだなあという実感があれば良かったと思うんですが、ほとんど無意識にしか感じませんでしたね。ただポニョは最初が無意識で徐々に成長していくシークエンスがあった感じがするのでそことの兼ね合いが難しかったのかもわからないです。

そして海中のクラゲとか海洋生物満載の描写と、地上の浜に近づくと人間が原因で海が汚れている描写のコントラスト。作画も含めてわかりやすくて素晴らしかったし、ポニョが網に巻き込まれるスペクタクルにもなってました。でもこの人間が海を汚しているという要素、これって後半今ひとつ絡んでこないですよね。何かテーマ的なフリなのかなと誰もが思うと思うんですが。本当はラストで人間の意味とはとか世界を救う話をもう少し盛り上げるはずだったんでしょうかねえたぶん(^^;)

海をかたまりとして描いてるとこは凄かったですね。波が生き物というか魚と海が合体してるというか。海や波に対するまるで生き物のような動きをそのまま描いたというか、その発想も面白いし、まあディズニーか何かであるんですかね元は。わかりませんが。ただとにかく作画力と描写力は凄かったです。嵐のところもほんと凄かったです。

宗介くんは良い子でした。思いやりがあってほんと良くできた子で、しっかりしてるところもありつつ幼児らしいところを見せたりして、幅のあるいいキャラだったと思います。ポニョも最初ほとんど無意識だったのが宗介くんと絡んでいくうちに女の子になっていくというか。そして宗介くんのお母さんのリサは魅力的でした。旦那絡みで可愛らしいとこもありつつかなり激しい。車走ってるとこの背景速すぎ(^^;)というか、カーチェイスやりたくてしょうがないんだな宮崎さんという。ドリフト走行とか無理矢理入れてる感じが(^^;)でもマンガ的な動きをしてくれる車は楽しいです。最近アニメでも車っていうとCGでカッチリ動いちゃいますからね。まあ嵐の中なんで家まで帰る必要があったのかはよくわかりませんでしたがとにかくリサの激しい感じの描写は良かったと思います。

それでその後くらいからだんだん広がってきたんですけど、リサもそうですがこの映画は母性の描写がかなり目立ってるなあと。ポニョのお母さんなんかは母性の象徴くらいの勢いで、なんというか海のもつ母性と色気のある女神っぽいお母さんをくっつけちゃったみたいな。宮崎さんの描く女性は豊満な感じがしますがそれの極致みたいな感じ。

母性で面白かったのはポニョが赤ちゃんのところで感じるところ。覚醒といってもいいんですが赤ん坊と接しているうちに母性が目覚めていました。これもホントその後にもう少し何か絡んでればなあと思ったんですけども。

中盤まで、やはり嵐がおきてポニョが水面を走りまくって、家に来て宗介の真似をしながらご飯を食べるところくらいまでは勢いがあって良かったのですが、その後がかなり地味でした。ポンポン船が大きくなって乗れるとか古代魚が道路の上を泳いでるとか個人的には好きですが、ただどうにも全体として落ちついちゃってました。

正直私がかなり引っかかったのが、これ普通に大災害の話なんですよ(^^;)ごく普通に考えて街では相当の数の人が死んでる感じです。ただこの映画の中ではおそらく無名の被害者としては誰一人死んでません。死んでるけど描写をスルーしてるのか、元々ファンタジックな映画なので別に死なないですっていうことなのか、微妙でした。ボートとかでやって来た人たちの描写のテンションがマンガ的にとても明るかったので、たぶん死んでないのだと思います。

それはそれで全然構わないのですが、であるなら、冒頭のほうの人間が海を汚しているとか、ポニョ父が忌まわしき人間どもが・・・とかいうあたりとか、ちょっとちぐはぐに思いました。他にも少し前だったと思いますが、父親が漁船で嵐にあったあと、宗介もリサもまったく心配するそぶりがありませんでした。沈没しちゃったのかなあとか言ってて(^^;)正直不思議でした。宗介に関しては幼児なのでそういう実感がなかったのかも知れないし、リサは心配でたまらなかったけど宗介を心配させないために、という解釈はできますがそういう描写はなかったような(^^;)まあ車でひまわりの家にむかうところで決意めいていたのが、旦那への心配だったのか、灯台になれって言ってたようにひまわりの家やそのほか街の人々みんなに対する心配だったのか、ちょっとわからなかったです。

私の想像ですが、今回の話では災害を与えてる側がポニョ一族なので、あまり激しい災害描写に持って行けなかったんじゃないかという。父親を悪玉の役割にするのかなとちょっと思ったのですが、なりそうでならないというかむしろそうなるのを避けてた感じなので、コミカルにするしかなかったんじゃないかと。災害描写をする必要はないと思うんですが、そうなると今度はスペクタクルがなくなるという。世界を救うとかなんとかって言ってましたしね(^^;)

そして後半で最大の引っかかりのまずひとつ、ひまわりの家の竜宮城化(^^;)あれどう見てもおばあちゃんたちみんな死んでますよね(^^;)足治ってみんなはしゃいでるし、描写としては死後の世界です完全に(^^;)そしてリサがまたかなりそんな感じ。車だけが残されている場面が前にあって、しかもポニョ母と会話をしている時に可哀相だのなんだの言われている。リサどう見ても死んでます(^^;)というか、死んでなくて単にポニョ両親にああいう海底の楽しい場所に普通に招待されたんですよという場面にしては、どうもおかしかったです。天国にするつもりだったのがどうもバランスが取れずにどっちつかずにしたのかなあ。

とにかくわかりやすくこうだというのはなかったですね。宮崎さんの映画はあまり意味ありげに含みを持たすよりは明快なほうがいいと思うんですけども。たぶん母親と別れるというのも今回ひとつのテーマだったような気はするんですよね。ただどっちつかずでしたねえ。やっぱりお母さん死んじゃったらたいていのお客さんにバッドエンド映画扱いにされそうなので、それはしたくなかったんですかねえ。たぶん気持ちよく映画館出て欲しいというのは宮崎さんにはあると思うんで。

そしてもう一つの大きい引っかかり、ポニョと宗介の試練。ポニョ母が言うには、宗介がポニョを人間でも半魚人でも魚でも区別せず愛してくれれば合格ということ。これ大問題なのは、宗介は最初っからポニョが魚の状態から好きだったという前提があるんで試練でもなんでもない感じが(^^;)例えば最初に人間の女の子として出会っていて、それで実は人間じゃなくて魚に変形したりしたのを急に見せられてそれでも好きでいられる?とかならわかるんですけど。順番通り宗介くんはポニョをずっと好きだったんで特に抵抗ないですけどみたいな(^^;)しかも幼児の宗介に裏切りとか疑いとか持たせるようなことができる空気じゃないんですよね既に。人魚姫の王子様みたいに大人の結婚の選択とかでもないですしね(^^;)まあそこのところがむしろ前半から中盤の面白さだったので、あのラストの試練とかというクライマックスの持っていき方がどうにもちょっと噛み合ってない感じがしました。

そしてその試練がポニョを人間にするのを認めるだけでなく、世界を救ったらしい、というのはさらに意味不明。そういう設定であることは全然構わないのですが、それならば、しかも宮崎映画なら、そんな設定した以上そこをもっとスペクタクルで派手にラストを盛り上げれば良かったんじゃないかと。

とにかく倒すべき敵がいません。派手な自然現象を相手にしようにも、ポニョ一家が自演する以外無いし。まあちょっと難しいまとめだったのかなあ。最後にポニョが跳ね上がってキスをする場面を印象的に作るのが精一杯だったのかも(^^;)まあだから、世界救うとか言い出さないで、ポニョが人間になってずっと宗介の友達になれるかどうかだけでいいじゃないですかと思ったんですが(^^;)まあ宮崎さんとしてはスケールを大きくしないと不安なのかなあ(^^;)

ただ言いたいことは悪くないです。私も人種とか国籍とか魚類とか分け隔て無く愛することは大事だと思っていますし、母なる海が人のそれを試すというのは、現代において大事な部分だと思います。慈愛は大事です。しかし映画の流れというか盛り上げとしてはなんだかよくわかりませんでした(^^;)

とにかくそういう意味では前半から中盤の温度が高すぎたのかなあ。嵐のとこが一番凄かったんで、ラストが地味に思えたのはあると思います。ラスト近くで波に追われる宗介が手すりの上を斜め走りするのもルパンとかコナンじゃないんだから無理だろと思ったんだけど、なんかああいうのを入れないとっていう必死さを感じてしまってむしろ後半どうするか困ってたんだろうなあと思っちゃいました。でもとにかくなんとかして観客を飽きさせずに最後まで作りきろうとする気持ちは感じました。ただ盛り上がって終わったなあ感が私はほとんど無かったです。EDテロップきて、あ~なんだこれで終わり?という感じが私はありました。

少し文句が長くなってしまいましたが、これは自分の中の引っかかりを整理するためです(^^;)最初にも書きましたけどこの映画は良かったと思います。感性で充分楽しめるので。特にポニョの可愛い描写はやっぱりうまかったですね。ハチミツ入りミルク?飲むとことか。描写でも海だけでなくて意欲的な部分はたくさんありました。

まあ、私の中では総合評価としては千と千尋の方が良かったです。個性とイマジネーションという意味では千尋のほうが凄かった感じ。宮崎さんの映画では千と千尋、魔女宅が私は好きなのですが、そこにナウシカが続いて、その後くらいかなあポニョ(^^;)

あと部分的なことですが、認知症風の老人キャラはなんでいたんですかねえ。まあ風の谷にもいるし、老人トリオは宮崎さんはわりと定番なんですけど。ただ妙に何か意味ありげだったですからね今回は。たぶん天国が何か関係あったんじゃないのかなあ。

それと本田雄さんはどこの原画を描いてたんだろう(^^;)全部宮崎さんに見えちゃってわかりません(^^;)

他には嵐の水面をポニョが走るあたりの音楽、音楽は久石さんと思いますがあそこはワーグナーだかホルストだったかなんかの曲に異常に酷似してましたが。あれは宮崎さんの指示なんですかねえ?似せてくれみたいな。

声優さんには特に問題を感じませんでした。所さんも良かったです。オフセリフだと所さんしか頭に浮かばないのがアレですけど(^^;)ただ飄々としたコミカルな雰囲気の中にちょっとした優しい感じがあって私は良かったですね。ポニョも宗介もまったく問題なし。むしろうまい(^^;)むしろリサの山口智子さんが少し棒っぽかったですか(^^;)まあ声自体はリサらしい感じで良かったです。


1週間くらい前に押井さんのスカイクロラを観てきてたので、押井さんの執拗なまでの理路整然ぶりから比べるとやっぱり180度違いますよね監督として向いてる方向が。私はやっぱり手描きの作画でデフォルメをきかせて動きまくってくれてたポニョは好感を持ってますが、やっぱり押井さんのあの構成と、とにかく色んなことをひたすら考えながら見れる感じが好きなので、しいていえばクロラの方が良かったかも。クロラも少しラストが窮屈だったんですけどもあれは最初から円が閉じてるからなあ(^^;)

いずれにしろどっちも意欲的で情熱のこもったいい映画と思います。作り手の気迫というか必死さが伝わってきますよね。決して名前だけで妥協して作った作品じゃないですし、自分にしか作れない作品を作るという意欲の凄さがありますのでやはり凄い監督です(^^;)

こちら1週間前のクロラの感想記事のリンクです(^^;)


関連記事


テーマ : 崖の上のポニョ - ジャンル : 映画

タグ : 崖の上のポニョ 感想



AiBlog検索
カスタム検索
最近の記事+コメント
Easyタグクラウド
AiBBS/FC2
掲示板です。何かありましたらお気軽にどうぞ~
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
全記事表示
全タイトルを表示
info

■里親募集中です。


●コメントお待ちしております。ブログ記事に関係のないご意見、壁紙のリクエストなどありましたら上部リンクAiBBS、下部MailFormなどからお願いします。
●AIBlog/FC2はリンクフリーです。リンクに許可は必要ありません。ご連絡いただければもちろん嬉しいです。
●AIBlog/FC2内の私の制作した画像の利用に関してはご連絡ください。基本的に自由です。

AIBlog/FC2 ver1.23
Since 2006/06/25
MailForm
記事に無関係のコメント、イラストのリクエストなど、お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

you visited:
Count:
QRコード
QR