AIBlog/FC2

悠理愛の更新info+Diaryウェブログ http://www.yuriai.com

CXC3制作中 

今週も落書きの替わりに制作中の1枚(^^;)前に載せた下書きのページにペン入れをしたものです。
CXC3rsamp0152.jpg

ペンもまだ主線だけでベタ影入れや細かいタッチとかはあとで入れます。私は紙原稿で描いていた時もまず最低限の主線を一通り入れてからあとでタッチを入れたり線を太くしたりなどの追加や修正を最初から入れるようにしていました。私の場合はそのほうが速く作業ができる感覚があります。主線のペンが一通り入った後に修正を始める段階で〆切までの残り時間を見て修正の密度が変わります(^^;)1ページずつ完全に仕上げていく方法だと、後半だけショボくなったり最悪まったくの途中までしかできないなんてことになることも(^^;)

まあ今回は本文66ページで今主線が51ページ目なんですが、全部終わってもまた1ページ目から線修正を始めるというのはなかなか気が遠いですけど(^^;)はっきりいって残り時間的には追い込まれている感じですがなんとか本ができればいいなと思います(^^;)



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 自作イラスト(二次創作) - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 自作イラスト 同人誌 コミケ キャミィ



今日の猫 

くーちゃん生首(^^;)
coo090729002.jpg
coo090729005.jpg
coo090729004.jpg
coo090729007.jpg

あごをどこかにのっけるのが好きです(^^;)

昨日totoBIG1000が当たりました。3等で11856円でした。ジャパンネットバンクの購入履歴を開こうとしたら「当せん」て書いてあったので1000万円きたと思いましたが詳細ページ見たら3等でした(^^;)

それにしても家から一歩も出ないでPCのブラウザだけで買うのも楽で、当選金も何もしなくても口座に勝手に入るのは楽すぎて色々やばい(^^;)振込は3日後らしいのでまだ入ってないですけど。でも昨日誕生日だったし、現金の誕生日プレゼント嬉しいです(^^;)おそらく飲み代になりますが(^^;)


関連記事


テーマ : 我が家の猫 - ジャンル : ペット

タグ :



毎年来る日 

また一つ歳をとってしまいました。時期的に毎年夏コミの〆切少し前なので一日中原稿書いてることが多いです(^^;)今年はちょっとビールでも飲もうかなあ(^^;)


関連記事


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記



高久進さん 

数日前になりますが、脚本家の高久進さんが亡くなられました。面白いシナリオをたくさん見せていただきました。残念です。

個人的に好きなのは古いですが超人機メタルダーと北斗の拳の劇場版です。マジンガーZ対暗黒大将軍も良かったです。この話のどういったところが面白いかがはっきりしているシナリオというイメージが私はありました。他にも特撮やアニメをたくさん書かれています。本当にありがとうございましたと言いたいです。

スポニチの記事
wikipedia


関連記事


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記



平成21年大相撲名古屋場所 千秋楽 

白鵬が14勝1敗で11回目の優勝おめでとうございます。横綱として立派な成績だと思います。立ち合いも安定しているし、タイミングをはかった投げの切れも凄くて、強い相撲が多かったと思います。個人的には10日目くらいだったか、立ち合いから一気に攻めて一瞬で寄って勝った相撲が凄いと思いました。ここ5場所で4敗だったかしかしてないのは本当にすごい(^^;)

琴欧洲も、今場所は本当に落ちついて腰を低くして回しを狙いにいっていて良かったです。先場所白鵬に競り勝ったのが自信になっているのか、精神的に落ちついているように見えたし、コロコロ負けている頃は何をしていいのかわからないという感じで簡単に前に落ちたり投げられたりしてましたが、今場所はまわしを引けば勝てるしそのために今どうすればいいかわかっている感じがしましたね。まわしが引けなくても、きつくしぼりあげてじりじりと押していったりするところは迫力ありました。準優勝ではあるんですが来場所は綱がかかるのかどうか微妙ですね。とにかく今場所のように落ちついて取って欲しいです。

日馬富士も今場所は残念でしたが来場所はさらに仕上げてくると思うし、朝青龍ももう少しいい状態になってくれたりしたらさらに面白くなりそうです。朝青龍は足の運びが鋭くて反応が異常に速いところが凄い横綱だと思うんですが、今場所は足がついていかなくてもつれて倒れたりすることがあったので、これはやっぱり稽古不足なのかなあという印象は持ちました。

琴光喜も最近では一番よかったです。回しの切り方とか体の寄せ方なんかはほんとにうまいなと思いました。精神的な安定さえあれば強い大関だと思います。まあムラがあるというか、急に前にばったり倒れたりするのがなくなればかなりいいんですけど。今場所はとにかく終盤まで優勝に絡んだのは大関として責任を果たしてくれてよかったと思います。

把瑠都が私はなんかあまり良くなかったと思うのですが11勝してました。私は今場所は立ち合いがあまり良くないというか、場当たり的にバラバラなことをしているなあという感じに見えたのですが、まあ豪快に吊ったりとか、体力で勝っているのが多いかなあと思いました。個人的には2~3場所前の、右を締めて相手の脇に差し入れるような厳しい立ち合いをしている相撲がよかったと思うんですけど(^^;)とにかく白鵬とか安定した厳しい相撲を取る横綱と対等以上に闘うには、厳しい立ち合いとしっかりした方針が要ると思います。

稀勢の里や鶴竜、豪栄道なんかの若手が今ひとつパッとしない感じなのが残念でしたけど、まだまだこれからなので強くなっていってほしいですね(^^;)


関連記事


テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

タグ : 大相撲



CXC3ラフ絵 

今週も落書きの替わりに夏コミの本の下絵の1枚です(^^;)

CXC3rsamp015.jpg

現在コンテと下絵が60枚を超えたところですが、そろそろ終わります。65枚くらいかなあ。てかペンと仕上げができるのか不安だ(^^;)


関連記事


テーマ : 自作イラスト(二次創作) - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 同人誌 コミケ キャミィ



金田伊功さんの作画 

金田伊功さんがお亡くなりになられました。私は大変思い入れのあるアニメーターさんだったので少し書かせていただきたいと思います。
なお、お仕事の内容や発言されたお話等に関してはほとんど私の過去の記憶によるもので(一部作画@wikiなどで確認しました)、正確な情報かどうかはわかりませんのでご了承ください。

金田さんは主に70年代後半から90年代初め頃くらいまで、日本のアニメのアクション、フォルムや動きに多大な影響を与えたアニメーターさんです。詰めて動かすタイミングと、強調するレイアウト、線自体も非常に独特でした。

個人的には、人が見て気持ちよく感じる動きのタイミングやレイアウトを追求されていたと思っています。ロボットや人物でもゆっくりとためてから激しく動いたりなど、生理的な気持ちよさをそのままフィルムに表現したアニメートで、ある意味で物語進行の構造などにも通じる発想があると思います。物語でも、まず気を持たせてから大きく展開したりすると面白味があります。視聴者視点で発想されている作画だと思います。

金田さん自身は宮崎駿さんのアクション作画に影響されたとおっしゃってたと思います。60年代のホルスの大冒険や空飛ぶゆうれい船などにそういったものを私は感じました。

古いとはいえ大変有名なものばかりですが、私の好きな金田さんのお仕事をいくつかご紹介したいと思います。


■劇場用映画での活躍
いきなりここからですが、個人的に金田さんと聞くとたいてい最初に思い浮かんだのがこのあたりということで。

□銀河鉄道999(79年)の時間城での鉄郎の走り、終盤の惑星崩壊のあたり、ビルが輪切りに倒壊したり、アルカディア号もいいです。通路が崩壊しメーテルが落下する場面、鉄郎がプロメシュームに首を絞められてクレアが抱きつくあたりは作監の小松原さんの修正も入れられてないカットがあり、インパクトのある動作や表情を見ることができます。

□さよなら銀河鉄道999(81年)の液体?っぽいプロメシューム、幻魔大戦(83年)のラストの火龍。金田さんのエフェクト作画が炸裂しています。あのなんともいえないネトッとしつつ激しい動き。火龍では細かい炎が細かく鳥になって羽ばたいていたりして感性もとても独特です。

□宇宙戦艦ヤマトでは、ヤマトよ永遠に(80年)のコスモタイガーの中間基地攻撃、完結編(83年)のレイアウトと作監などで金田さんの魅力が楽しめます。私は完結編での都市要塞ウルク上での戦闘などが好きです。さらばヤマト(78年)も友永さんと共に活躍されていますが、作画期間が3ヶ月だったとかでかなり飛ばしている感じです(^^;)完結編などではヤマトのイメージラフ的なレイアウトがとても良かったですが公開版ではほとんどカットされちゃってたと思います。確か5時間分作画して2時間半しか使わなかったとかいうアホな話を当時聞きました。コンテで絞り込めばよかったのではと。金田さんもこの頃はヤマトはあまり気が向かないけど原画料良いからやってるみたいなことをおっしゃってたような。さらばの制作期間もそうですし当時のヤマトが繰り返し掘り返される状況はあまり制作現場でも評判良くなかったのかなあとか(^^;)

□地球へ(80年)も素晴らしいです。宇宙の戦闘がとてもいいです。ただあのアニメは爆発する時にレモンの輪切りみたいなのが浮かぶのが妙に気になりました(^^;)


■テレビアニメの原画、テレビアニメのOP作画、富野アニメでの活躍
特にOP作画では印象的なものがたくさんあります。

□銀河旋風ブライガー(81年)OPED作画。このOPは金田作画の金字塔の一つと言っても良いかと。ブライガーのOPには金田さんの魅力がかなり詰まっていると思います。
□ダンガードA(77年)□ボルテスV(77年)サイボーグ009(79年)ダイターン3(78年)アクロバンチ(82年)モスピーダ(83年)ラッキーマン(94年)これらはかっこいいOP作画の数々。ボルテスは男2人で殴り合うところなどダイナミックで良いです。直後アップになると金山さんの修正が入って普通のレイアウトで睨み合い(^^;)のちにメタルジャックのOPで内田順久さんによって同じような殴り合いアクションが描かれています。009、ダイターンも格好いいです。万丈が檻に力入れると鉄柵が紙みたいに破けちゃうのがすごい表現(^^;)アクロバンチOPは金田さん一人ではなく越智さんや鍋島さんなどの金田さん風アニメーター何人かで作画されていますが、冒頭の主人公のジャンプのタイミング、後半のロボットが飛んでいるあたりとかの金田さんのパートがとても格好いいです。モスピーダも大好きです。ブライガーと同じくらい好きかも。ラッキーマンは特に2本目のOPがブライガーと同じようなコンテで話題でした(^^;)

テレビアニメ本編の原画では、□大空魔竜ガイキング(76年)ドンデラマンチャ(80年)プラレス3四郎(83年)レザリオン(85年)などが私は印象に残っています。特にドンデラマンチャ6話の金田作監回は大変素晴らしいです。あれには果てしない自由さを感じます(^^;)

富野アニメでは、ザンボット3(77年)とダイターン3、機動戦士ガンダム(79年)で参加されています。ダイターンでは動きというよりもレイアウトと荒々しいタッチが見所かなあと思います。ラフで絵的な迫力があります。ザンボットではとても格好いいアクションを描かれていますし私も好きな作画ですが、遊び作画をする(コンテの指定にないキャラの崩し顔を入れたりする)ので、重いテーマを扱いたかった富野さんには不評だったようです。その後のダイターンではコミカルな作品でもあるので金田さんは活躍されていますが、翌年のガンダムでは富野さんはたぶんリアルな作風を狙ったために金田さんを使わなかったらしいです。ただ1話ではクレジットなしですが原画を描かれています。アムロがガンダムに向かう途中だったか、赤い車にロケットランチャーが打ち込まれるあたりだったと思います。わかりませんがたぶん富野さんに内緒で作監で参加されていた富沢さんとかに仕事を回してもらったんじゃないでしょうか?そのせいか比較的地味な作画です(^^;)まあ結局金田さん抜きのスタジオNo1(かスタジオZ。金田さんのいた作画スタジオ)の回ではガンダムが派手なアクションしてますけど(^^;)

個人的には、ザンボットの遊びも私は好きです。もちろん監督としたらそれは意図と違うっていうのはあると思いますが、私はああいった重いシナリオに突然崩しが入るというのは必ずしも逆効果ではないと思うんですね。手塚先生がよくやっていたように、重い一辺倒のシナリオにノイズ的にでも軽いユーモアとかコミカルな表現を加えておくというのは、私は某かの効果があると思うんです。まあリアルとは少し違ってきちゃいますが、なんというか視聴者の印象というものは、ある程度混沌とさせる鍵が入っていたほうがより深くなるのではと思うところがあります。もちろんその重い本質自体にその程度でびくともしないしっかりとした存在感がある場合に限られますけど(^^;)


■宮崎アニメでの活躍、そのほか

□金田さんがアニメで最も活躍していた時期の終り頃には、宮崎アニメがあると思います。ナウシカ(84年)ラピュタ(86年)トトロ(88年)魔女宅(89年)紅の豚(92年)に参加されています。特にナウシカでの金田原画はかなり好きですね。重要なところを作画されています。冒頭のメーヴェがゆっくりと降りてくるところ、浮遊感がとても良いです。中盤の空中戦、アスベルの戦闘機が飛空挺の編隊に攻撃を仕掛けてくるところ、格好いいです。私は燃えさかる飛空挺の中のナウシカやクシャナのあたりがすごくかっこよくて好きですね。作監は小松原さんで999と同じ作監原画コンビですが、毎回作監が違う宮崎アニメでは一番精悍な感じの絵柄だと思います。ラピュタでは確か水兵が服を破くところ、ラピュタの雲に突入するあたりなどだったと思います。羽ばたき飛行機の作画も金田さんによって動かし方が描かれていたとか?

個人的にはその後のトトロや魔女宅や豚だとあんまり印象がないんですよね(^^;)トトロは風呂桶が転がるところだったかな?トトロが飛んだり猫バスが走ってるところもそうみたいです。ただ作画を見ただけでは私の目ではあまりよくわからなかったかなあ。ナウシカみたいにパッと見ただけで一発で金田作画とはわからない感じです。

そのあたりに関して私が昔聞いた話として、マジンガーやゲッターロボの頃から金田さんと競うようにアクション作画の仕事をしてらした友永和秀さんという素晴らしいアニメーターさんがいるのですが、友永さんは最初の頃は金田さんにも近い感じでわりと詰めたタイミングとデフォルメの効いた絵柄を描かれていた(銀河鉄道999での鉄郎がトチローに会う前あたりの自転車で暴走して自転車が壊れるところとか)ですが、宮崎さんに君はそんな描き方をしてたらアニメーターとしてだめになると言われて当時の宮崎さんの所属スタジオであるテレコムにスカウトされたとか。友永さんはカリ城やラピュタなどではどちらかというとカッチリした作画をされてる感じがします。それもものすごくうまいですし好きですが、デフォルメがきついということはないと思いますね。

もちろん宮崎さんの作品ですから友永さんも金田さんもそれに合わせて作画をしていたところはあると思いますが、ただ作画に対する考え方としては多少違いが出たのかもしれないです。金田さんはそれ以降も独特な作風の仕事をされてましたし、友永さんはわりとカッチリした作画を追求されてる感じはします。友永さん今もテレビアニメなどですごい仕事いっぱいされてます。タイドラインブルーとか良かったです。まあ個人的に思うのは、宮崎さんはどちらかというと原画の仕事の時はカッチリとかよりむしろ感性に訴えるような破壊的な作画をしてたと思うのでなにか違和感を感じなくもないんですが(^^;)

その他の活躍では、バース(84年)があります。OVAですが、元々は色んなアニメーターが落書きマンガを描く雑誌モーションコミック(そもそもはリュウだったかとかからですが)に描かれていた金田さんによる同人誌みたいなマンガが原作で、脚本がクレジットされていないというまさに金田系作画のためのアニメです。当時はOVA自体がまだできたばかりのジャンルで、テレビでも映画でもできないような実験的なものを発表するのがオリジナルビデオアニメみたいな空気がある頃でした。金田さんと、金田さん風の作画をするアニメーターさんがたくさん集結して好き勝手エフェクト描いたりロボット描いたり背動したりしています。バースでの金田さんは、原画も良いのですが金田さん風の原画を作監されてますがそれぞれのアニメーターさんの個性を消さないような修正をされてるように思います。そういう考え方の作品なんですよね。


また、企画倒れになってしまいましたが押井さんのルパン三世の劇場用アニメがありました。元々はカリ城を作った宮崎さんの推薦で押井さんにルパンの話が行ったそうですが、その際メインアニメーターとして金田さんの起用が決まっていたと思います。当時のアニメージュなどでは金田さんによるイメージボードが載ったりしてた気がします(昔の記憶で定かではありません)。その前に押井さんはうる星やつらのTVシリーズやオンリーユー、ビューティフルドリーマーを作っており、アクション部分での重要なところで金田作画風アニメーターの山下将仁さんがかなり活躍されています。その繋がりで金田さんが呼ばれたのかわかりませんが、本当に見たかったです。まあ押井さんのプロットがダンテの神曲だったかをモチーフにしてルパンが盗みたいものとは何なのかみたいな話で原作者に拒否されたと聞いてますが。


アニメの作画に関して、私としては、アニメーションとはそもそも絵が動き出す面白さが根っこだと思うんですよね。物語というのはそこにあとから入ってきた要素です。もちろん現状の日本のアニメは
シナリオやキャラクターの魅力が大きいし、それらの総合されたものが魅力だと思いますが、やはり絵が動く、ただ動くだけでなくて芝居をする、動きで何かの主張をする、現実にない人間や物が動くことによって生きているかのような存在に仕立て上げる、それで視聴者に気持ちよさだとか感動とかを生むのが重要な要素ではないかと。そしてアニメーターが高い技術や情熱や愛情で(しかも低賃金で)1枚1枚絵を描かなければキャラも芝居しないし物語も動き出さないです。

それに加えて個性的なアニメートというのもまたアニメの面白味のひとつだと思います。動きやレイアウトに個性やデフォルメがなぜ必要かは、なぜアニメの可愛いキャラの目が現実の人物の目より大きいのか、なぜ巨大ロボットが動くのかということと同じだと思います。可愛いものはより可愛く、派手なものはより派手にする、強調するというのが絵の魅力の一つで、正確さ、バランスの良さ、などにも関わってきますが、絵というものは本当に広大な魅力を持っていると思いますし、動かすとなるとまたそれが広がると思います。


金田さんは90年代中盤以降くらいからはアニメの仕事が少なくなり、スクゥエアでFFの仕事をされたりしてました。アニメではふしぎ遊戯とかナデシコのゲキガンガー、ヴァンパイアハンターなどをされてました。


2002~3年頃だったか、動画王という雑誌の金田さんインタビューで、ゲームなどの3Dキャラクターについて語られてました。当時既にFFの仕事もされてた以降だと思いますが、ポリゴン数が増えてテクスチャが細かくなってどんどんクオリティが高くなっているけど、そうなるほどにどんどん(人間ではなく)リアルな人形に近づいているように見えると思う、とおっしゃってました。私はアニメの作画というのは、現実にないものの一部の魅力や特徴をアニメーターが絵に載せて、そこから視聴者がまた自分の脳内でキャラクターを想像することによってあり得ないものに現実感を与えられているという意味だと思いました。リアル風な細かさそのものが現実感に直接繋がるわけではないのではないかということだと思います。

私自身はCGはこれからもさらに進化していくし逆にチープならチープな使い方でも面白味が開発されていくだろうとは思いますが、金田さんのデフォルメや絵に対する自由さというのはやはり発想として憧れの対象ですし、方向も違いますし技術もまったく未熟ですがなにかそういった絵に対する考え方を抱えていきたいと思います。

これからもまだまだお仕事を見たかったのですが、本当に残念です。心からお疲れさまでしたと言いたいです。



関連記事


テーマ : 金田伊功 - ジャンル : アニメ・コミック



金田伊功さん 

偉大なアニメーターの金田伊功さんが亡くなられてしまったようです。信じられませんしショックです。素晴らしい作画をたくさん見せていただきました。本当におこがましいですが私も絵を描く上では影響を受けたと思っています。これからもまだまだ素晴らしい仕事を見たかったのですが、残念です。
アニドウのページ
Wikipedia
作画@wiki


関連記事


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記



吉沢さんのキャミィ届いた 

しばらく前に予約していた吉沢さんのキャミィのフィギュアが届きました(^^;)
cammy0907002.jpg
cammy0907003.jpg
cammy0907009.jpg
cammy0907008.jpg
cammy0907014.jpg
cammy0907011.jpg
cammy0907012.jpg

すっきりセクシーでかっこいいです(^^;)スト4ではデルタレッドだし吉沢さんにデルタレッドのも作ってもらいたいですね~。

私はアマゾンさんで買いましたのでアフィリなど(^^;)よろしく~(^^;)






関連記事


テーマ : 美少女系フィギュア - ジャンル : サブカル

タグ : キャミィ フィギュア



虹 

久しぶりに虹を見ました(^^;)市川の自宅前で撮影

090719-184350.jpg
090719-184441.jpg

うっすら2重になってました。記憶が定かでないんですが虹見たの15年ぶりくらいじゃないのかなあ(^^;)


関連記事


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記



CXC3ラフ 

今週も落書きの替わりに夏コミ本のコンテのラフ絵です(^^;)
CXC3rsamp028.jpg

今コンテが32枚目です。50枚では終わりそうもない感じですがそれ以上になると仕上げをする時間が取れるかどうか(^^;)
去年の今頃って進行がどうだったかなと思って自分のブログを見てみたら、RRoDになって、猫に噛まれて2週間通院してました(^^;)


関連記事


テーマ : 自作イラスト(二次創作) - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 自作イラスト コミケ キャミィ



今日の猫 

今日もくーちゃんの様子(^^;)
coo0907016.jpg
coo0907015.jpg
coo0907018.jpg
coo0907012.jpg

今日の市川は凄い暑かったですが、エアコンがかけっぱでしたのでくーちゃんは猫ベッドに入ってました(^^;)暑くなるとひんやりマットの上か床で伸びちゃいます(^^;)


関連記事


テーマ : 我が家の猫 - ジャンル : ペット

タグ :



cxc3作業中 

cxc3のコンテ中です。途中の1枚を(^^;)
CXC3rsamp016.jpg

今コンテが23ページ目なんですが、まだプロットの半分にもきてないのでまずいなあという感じになっております(^^;)


関連記事


テーマ : 自作イラスト(二次創作) - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 自作イラスト コミケ キャミィ



今日の猫 

今日のくーちゃん(^^;)
coo0907010.jpg
coo0907006.jpg
coo0907007.jpg
coo0907004.jpg
coo0907009.jpg

暑いのでだらっとした感じ(^^;)


関連記事


テーマ : 我が家の猫 - ジャンル : ペット

タグ :



平成21年大相撲名古屋場所 初日 

全体的に立会いがいまいち激しさが足りない感じがする初日でしたが(^^;)でも日馬富士が強かったです。立会いもよかったし、稀勢の里の攻めも厳しかったと思いますが、半身のような少し悪い体勢になっても下半身が安定していて余裕がありましたね。稽古も気迫も充実してたと思います。15日間怪我なく取れれば一気に横綱もありえるかも。白鵬と朝青龍ももちろん難敵ですし他にも伸びているお相撲さんは多いので立会いの一瞬で失敗したりするとなにがあるかわかりませんが。

本当は横綱昇進関連でそこそこ長文を書いてたんですが、FC2の障害?でアップロードしたら全部消えてしまいました(^^;)また後日気力があれば書き直したいと思います(^^;)


関連記事


テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

タグ : 大相撲



CXC3表紙 

今週は落書きの替わりに夏コミの本の表紙でキャミィと春麗です(^^;)
cxc3topcm.jpg

多少画像サイズが小さくてすいません(^^;)夏コミでよろしく~(^^;)


関連記事


テーマ : 自作イラスト(二次創作) - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 自作イラスト キャミィ 春麗 コミケ



Death & Destruction Digital #8 

Death&DestructionDigital#8がDLSiteさんで販売開始されました。

■DLSiteさんの販売ページです。成人向ですのでご注意ください。
ddd8top01asam.jpg


今回はハニーがムチでいじめられております(^^;)表紙のカラーが同人誌版のままですがこれと別に描き下ろしカラーも1枚描きました。これもムチな絵ですが多少刺激が強いですのでここでは紹介しにくいですが(^^;)本文は10ページ追加です。

作品中のあとがきでも少し書いたのですが、この8巻目が紙原稿にペンで描いた最後の同人誌になります(その時マリみてのアニメの感想とイラスト本も同時に作りました)。9巻と10巻、その後の同人誌はコミックスタジオでの制作です。9巻はデータから修正ができるので色々直せそうです(^^;)たぶん慣れてなかったので色々おかしいところがあったと思いますけど(^^;)


関連記事


テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 同人誌 キューティーハニー



DDD8予告 

DLSiteさんにDDD8の予告ページができました。成人向きですのでご注意ください。
http://maniax.dlsite.com/announce/=/product_id/RJ050967.html

明日の9日発売予定です(^^;)また明日もう少し詳しく告知します~(^^;)


関連記事


テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック



レバ刺し(^^;) 

ブログの記事が何も思いつかないので最近いくつかのお店でレバ刺しを食べて美味しかった画像など(^^;)

20090522213330.jpg
地元の市川のお店のレバ刺し(^^;)

20090526201455.jpg
京成立石のお店のレバ刺し(^^;)

20090624172635.jpg
押上のすごいレバ刺し(^^;)これはほんと美味しかった

20090624174133.jpg
押上のすごい馬刺し(^^;)

20090701204338.jpg
市川のお店のエイの唐揚げ(^^;)軟骨みたいなコリコリと柔らか部分同居で美味しかった

20090706041115.jpg
宅飲みで飲み切ってしまい、空き瓶捨てる前に撮っといたお酒(^^;)


関連記事


テーマ : 酒の肴 - ジャンル : グルメ

タグ : 日本酒 レバ刺し



CXC3表紙の続き 

夏コミのキャミィ春麗本の表紙の下絵とペンの入ったものです。

cxc3topssamp.jpg

前に途中のラフをあげましたが結構ちまちまと修正しました。
既に色を塗り始めてまして、今回は白キャミィと白春麗にしようかなと思っています。
まあ白コンビであまり地味な仕上がりになるようでしたら完成前に変更するかもですが(^^;)
アザとか傷とかをどの程度描くかにもよるかな(^^;)

あえて書くほどの情報じゃないですけど一応(^^;)下絵とペンはコミスタで青線が下絵レイヤーですが、今回は二人の密着度合いなどの位置を合わせたかったので下絵の時点でキャミィと春麗を別レイヤーで描いてずらしたり回したりして調整して描きました。まあ二人描くならたいてい別レイヤーがいいんですが、いつもは面倒なので同じレイヤーに描いちゃってます(^^;)下絵ができたら線を青くして薄くしてペンを入れます。

ペンはキャミィの体と髪、春麗の体と髪、あとシワの線などタッチ用のレイヤー5枚にペン入れしてます。髪は一応色トレスにするのに簡単なように別レイヤーにしました。絵柄的にあまり色トレスがうまくはまらないことが多いんですが念のために(^^;)あとはこの絵には入ってませんが春麗の帯の柄はトーンレイヤーで足します。

これをフォトショップのPSD形式でイラスタに読み込んで色を塗ります。下絵からイラスタでもできるんですが、コミスタの作品ファイルでページ管理ができるので下絵とペンはコミスタで描いています。まあカラー用の下絵を別にモノクロのトーンで仕上げるとかいうこともできますし(^^;)

気づくともう6日(^^;)早いなあ~


関連記事


テーマ : 自作イラスト(二次創作) - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : キャミィ 春麗 自作イラスト 同人誌 コミケ



今日の猫 

今日のくーちゃんの様子です(^^;)
coo011.jpg
coo013.jpg
coo008.jpg
coo015.jpg
coo016.jpg

ひっくり返ってるのは迎撃態勢らしい(^^;)


関連記事


テーマ : 我が家の猫 - ジャンル : ペット

タグ :



C76春麗 

夏コミ本のための準備でキャミィに続き春麗のほうを(^^;)
chunli090701.jpg

次は表紙を仕上げたいと思いますが本文のイメージボード的なものも書きつつ(^^;)
もう7月に入ったし多少焦った感じでいかないとまずいかも(^^;)



関連記事


テーマ : 自作イラスト(二次創作) - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 自作イラスト 同人誌 コミケ 春麗



2009年7月開始のアニメ新番組 

7月開始アニメの新番組の事前チェックです。一部もう始まってまして今夜もうちではうみねこと青い花が始まります。少なくとも1話はなるべく見ておきたいです。


うみものがたり
もう既に1話始まってしまってまして、しかも見逃しましたが(^^;)
ARIAなど素晴らしい作品を多く作っている佐藤順一さんの監督作です。期待です。
HALはなくなっちゃったみたいですが佐藤さん平池さんとかがんばって欲しいです(^^;)


うっかりペネロペ(2期)
教育テレビの5分のCGアニメですが能登さんのナレーションがとてもよいです(^^;)
CGでも冷たさがほとんどないのもいいですね~。こだわりがありますね。


うみねこのなく頃に
ひぐらしと同じ今千秋監督、シリーズ構成川瀬さん。ただ作画は坂井さんじゃなくて菊池さんですね。
今さんBLアニメとか色々作ってますがアニメの出来はおそらく問題なさそうな(^^;)


青い花
ハチクロやのだめ、メジャー前半のカサヰケンイチ監督、ガンダム0080やよみがえる空の高山文彦さんシリーズ構成、だぁだぁだぁやミルモ、ARIAの音地さん作画監督で
面白くなかったらびっくり(^^;)


エレメントハンター
押井さんとよく組んでた伊藤和典さん原案のアニメ。監督は奥村よしあきさんでアニ横やかみちゃまかりんでコンテを切られてました。
脚本はライダー系もよく参加されてた荒川さん。個人的な趣味では伊藤さんは微妙なのでどうかな?(^^;)クーデターの場面があったら笑っときます(^^;)


かなめも
高柳滋仁監督。私はギャラクシーエンジェルの3期とか好きでしたが姫様ご用心はイマイチに思いました。どうだろう(^^;)


GA 芸術科アートデザインクラス
桜井弘明監督。でじこ(ワンダフル版とTVSP、にょ、ウインターガーデン)、だぁだぁだぁ、ななか6/17、クロマティ高校、少女コゼットなど独特なコメディの世界を構築する巨匠(^^;)シリアス場面も真に迫った素晴らしい演出をされます。とにかく間の凄い監督さんだと思います。
地上波の監督久しぶりじゃないかなと思うので超楽しみです。シリーズ構成にらきすたやティアーズトゥティアラの待田堂子さん。作画に渡辺敦子さん。


宙のまにまに
高松信司監督。80年代から活躍されてます。勇者シリーズを色々監督されてました。私は最近では銀盤カレイドスコープを見ましたが微妙?(^^;)
作画も渡辺はじめさんでやっぱり80年代から大活躍のベテラン(^^;)姫ちゃんのリボン、こどものおもちゃ、カレイドスターなど可愛らしいキャラデザ(^^;)


大正野球娘。
池端隆史監督・シリーズ構成。光と水のダフネ、げんしけん1期、ぽてまよ監督はどれも素晴らしかったです。苺ましまろの担当演出回も凄くよかったです。今個人的に桜井さんと並んで一番好きな監督さんかも。あとRODやかみちゅの舛成さんも好きなんだけど最近何やってるんだろう(^^;)
音楽服部隆之さんでかっこよさそう(^^;)超期待作ですのでこれがイマイチというかまあまあだったらショックです(^^;)


東京マグニチュード8.0
橘正紀監督。個人的に未知数ですねえ。脚本に高橋ナツコさん。私は作品によって良かったりイマイチだったり、普通?(^^;)めちゃモテ委員長のほうがんばってください(^^;)
ボンズなのできっと作画は凄いんじゃないかなあ(^^;)


NEEDLESS
迫井政行監督。ストロベリーパニックと怪物王女とても良かったです。なんというか微妙にズレた味わいのある演出をする人で、ふでやす脚本とセットで最高の破壊力(^^;)高屋敷さんや浦畑さんもいいです。メイドガイも途中までしか見てないんですけど良かったです(^^;)
今回は脚本は西園さんですがどうかな?


プリンセスラバー!
金澤洪充監督。名前は見た気がするんだけどと思って少し調べたらしゅごキャラやエマのコンテ演出をされてたみたいです。どうだろう(^^;)
脚本は中村誠さん。のらみみをされてたみたいです。テレパシー少女蘭はシナリオはかなり微妙な感じでしたがどうかな?
作画には鈴木信吾さんなので凄そうかも。


よくわかる現代魔法
黒田やすひろ監督。私はMyselfYourself良かったです。全話見てないんですが(^^;)テンポがうまくはまるといい感じだと思いますが、わりと外れちゃう時がある印象かなあ。
キャラデザ古賀誠さん。


今期は桜井さん、池端さん、佐藤さん、迫井さんなどが揃った個人的に凄いクールです(^^;)もちろん見てみなければその作品が面白いかどうかはわからないわけですけども、期待したいです。
声優さんとかも触れたかったんですが今ノートPCが修理中で絵描き用のデスクトップで記事書いてて長文書きにくくて面倒な感じなので(^^;)

こちらのページが非常に参考になります(^^;)番組表も自分の見られる局だけ表示するように設定するととても便利です。
■しょぼいカレンダー7月開始の新番組



関連記事


テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : アニメ



AiBlog検索
カスタム検索
最近の記事+コメント
Easyタグクラウド
AiBBS/FC2
掲示板です。何かありましたらお気軽にどうぞ~
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
全記事表示
全タイトルを表示
info

■里親募集中です。


●コメントお待ちしております。ブログ記事に関係のないご意見、壁紙のリクエストなどありましたら上部リンクAiBBS、下部MailFormなどからお願いします。
●AIBlog/FC2はリンクフリーです。リンクに許可は必要ありません。ご連絡いただければもちろん嬉しいです。
●AIBlog/FC2内の私の制作した画像の利用に関してはご連絡ください。基本的に自由です。

AIBlog/FC2 ver1.23
Since 2006/06/25
MailForm
記事に無関係のコメント、イラストのリクエストなど、お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

you visited:
Count:
QRコード
QR