平成18年大相撲名古屋場所 4日目

4日目は中継を見られませんでした。ニュースで見た白鵬の一番を(^^;)

○白鵬 寄り切り 露鵬●
大きい力士同士でがっぷり四つになってなかなか面白い相撲でした。最後に白鵬が寄り切る時に、右腕を曲げずにまっすぐ露鵬の脇の下につっかえ棒のように差し込み、股を割って寄り切りました。これは横綱貴乃花がよく見せたテクニックでした。腕を曲げずにつっぱっておくことで相手の重心は浮き上がり、踏ん張りが効かなくなります。

貴乃花について私が感じていたことですが、最強時代には自分からあまり積極的に攻めず、まず相手をつかまえて徐々に自分のいい体勢にして勝ってしまうイメージがありました。格ゲーでいう待ちキャラというか(^^;)受け相撲です。
そのせいか、貴乃花は自分の勝ちパターンになる型があまり固定せず、相手がどのような相撲を取ってきてもそれに合わせた相撲を取って勝ってしまう相撲だったと思います。

私は千代の富士や朝青龍のように自分から攻めまくって倒す相撲が好きなので貴乃花の相撲はあまり好きではなかったのですが、貴乃花がケガがちになると攻め相撲に変わってきました。これはおそらくケガをかばうために早く勝負を決めようとしたことがあったと思いますが、やはり相手の攻めを受けきるというのは圧倒的な差がないとできないのかもしれないと思いました。どこが悪いか相手ももちろん研究済みで知っていますし、不利な体勢を狙われて攻められる弱点を持っていると受け相撲はできないんでしょう。

白鵬は攻め相撲だと思います。が、やはり大関がかかったり横綱がかかったりして慎重になってくると、やや攻めが遅くなる感じがしますね。朝青龍は常に徹底して攻めています。負けない相撲を目指すのと、勝つ相撲を目指すのでは違いがあって、個人的には自分の最強の型を極める攻め相撲を追求して欲しいです。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

悠理愛

コミック、イラストを描いて暮らしています。

ブログ内の画像表示

Amazon

最近の記事+コメント

Easyタグクラウド

AiBBS/FC2

掲示板です。何かありましたらお気軽にどうぞ~

info


■里親募集中です。


●コメントお待ちしております。ブログ記事に関係のないご意見、壁紙のリクエストなどありましたら上部リンクAiBBS、下部MailFormなどからお願いします。
●AIBlog/FC2はリンクフリーです。リンクに許可は必要ありません。ご連絡いただければもちろん嬉しいです。
●AIBlog/FC2内の私の制作した画像の利用に関してはご連絡ください。基本的に自由です。

AIBlog/FC2 ver1.23
Since 2006/06/25

MailForm

記事に無関係のコメント、イラストのリクエストなど、お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

AiProf

Author:悠理愛

悠理愛

コミック、イラストを描いて暮らしています。

tracking


track feed aiblog/fc2

Powered By FC2ブログ

現在の場所

トップページ > SPORTS > 平成18年大相撲名古屋場所 4日目

月別アーカイブ

12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

Count: