平成18年大相撲名古屋場所 9日目

今日は幕内上位ははたきが多かったですねえ。なんかほとんどはたきで決まってたような。

●北勝力 引き落とし 玉春日○
玉春日勝ち越しおめでとう(^^;)目指せ平幕優勝(^^;)

●旭鷲山 押し出し 稀勢の里○
旭鷲山は今場所は完全にやる気なしモード(^^;)

●白鵬 はたき込み 雅山○
白鵬ですが、初日に負けてあ~やっぱり横綱の壁は厚いかと思わされ、でもその後勝ち続けどんどん安定感も出てきて、力強い相撲や技術も見せつけてこの男やっぱり横綱かなと思ってきたところで、こうしてひとつ不覚を取るともう横綱取りは限りなく赤信号に近い黄信号(^^;)横綱を取るというのはやはり相当に難しいものだという感じです。
しかし雅山も後輩にはたきで勝ってガッツポーズしているようでは返り大関は遠いかな(^^;)まあ白鵬はかなり強いという認識の現れでもありますが。

●栃東 はたき込み 千代大海○
見事な千代大海スペシャルが炸裂(^^;)引き連発で転がしました。まああくまで前進の電車道相撲にこだわる年でもなくなってきたかもしれないというか、これはこれで押しがあるからこその高度な技術というか(^^;)

しかし私としてはやはりこういう引きやはたきでの勝ちというのは、多分に相手のコンディション頼みがあるんじゃないかなと思うんですよね。もしこれの相手が朝青龍だったとしたら、引いた瞬間つけ込まれて無様に寄り切られてしまうのが見えてるというか(^^;)
勝ち越しも決まって逆にここであっさり負けられないとか余計なことを考えていそうな栃東だから決まったという話も(^^;)やはり押し相撲は徹底的に押しに押しまくって前のめりに負けるならそれで良いくらいの覚悟と気迫がないと上を目指すのは難しいんじゃないかなあと。

千代大海がもしこのまま角番常連大関でぼちぼち取っていようというのならこれでいいんでしょうけども、朝青龍をブッ倒す気があるのならやはりこういう引き連発相撲はちょっと考えてもらいたい(^^;)

○把瑠都 寄り切り 琴欧州●
把留都の振り回すパワーが異常だということはまたよくわかりました(^^;)琴欧州はこういうライバルの出現でなんとかまた復活して欲しいです。

○朝青龍 網打ち 琴光喜●
横綱はやはり朝青龍ですね。勝ちへの執念と集中力が生んだ網打ちでしょう。超反応(^^;)まわしの深いところを取られそうになってあのまま打つ手が遅かったらやばかったです。しかも勝って取り口に不満そう。引いて勝ってにんまりの千代大海とは違うなあ(^^;)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

悠理愛

コミック、イラストを描いて暮らしています。

ブログ内の画像表示

Amazon

最近の記事+コメント

Easyタグクラウド

AiBBS/FC2

掲示板です。何かありましたらお気軽にどうぞ~

info


■里親募集中です。


●コメントお待ちしております。ブログ記事に関係のないご意見、壁紙のリクエストなどありましたら上部リンクAiBBS、下部MailFormなどからお願いします。
●AIBlog/FC2はリンクフリーです。リンクに許可は必要ありません。ご連絡いただければもちろん嬉しいです。
●AIBlog/FC2内の私の制作した画像の利用に関してはご連絡ください。基本的に自由です。

AIBlog/FC2 ver1.23
Since 2006/06/25

MailForm

記事に無関係のコメント、イラストのリクエストなど、お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

AiProf

Author:悠理愛

悠理愛

コミック、イラストを描いて暮らしています。

tracking


track feed aiblog/fc2

Powered By FC2ブログ

現在の場所

トップページ > SPORTS > 平成18年大相撲名古屋場所 9日目

月別アーカイブ

12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

Count: